トラックの規格と安全性

トラック規格はサイズや積載量で決まる

トラック規格 一般にトラックと呼ばれる貨物自動車には、普通自動車とは違う規格によって分類されています。
基準となるのは、道路運送車両の保安基準で、基本的にサイズと積載量によって分類されます。サイズによる分類では、小型の分類では、全長4.7m、全幅1.7m、全高2m以内となっており、中型及び大型は全長12m、全幅2.5m、全高3.8m以内となっています。
また、積載量による分類では、小型の場合、最大積載量2~3t以下で、かつ総排気量は2000cc以下と定められており、大型は最大積載量5t以上または車両総重量8t以上と定められています。
中型はこの小型と大型の規格に当てはまらないものとなります。
さらにトラック業界による分類の仕方もあります。具体的には、5トン以上の大型及び4トン~5トンの中型を普通トラックに呼び、4トン未満のものを小型トラックと呼んで分類しています。
免許に関しては、大型以外は普通免許でも乗ることができます。

トラックの改造次第では安全性を高められる

改造したトラックと聞いて大衆が真っ先に想起するのは、電飾が輝いていたり派手な柄の外装パーツが確認できる車体です。
あながち間違いではないものの、すでに過去の話になりつつあります。今日の一般道を走行しているトラックの多くは、一見すると改造が施されていないように見えます。
ところが、ノーマル仕様と言っても差し支えないトラックの大半は改造されているのが現状です。走行中に出くわした人物へのアピールが目的ではなく、安全性を高めるために行われています。
主として改造されているのは、トラックの荷台部分です。後方車の運転手から視認できる面にカメラが装着されており、撮影された映像を確認できます。この仕組みがあれば、後進する必要性に駆られる場面で事故の発生率が大幅に下がります。
荷台によって後方が目視できない乗り物なので、知らない間に歩行者と接触する可能性は否定できません。
カメラが搭載されているのなら、安全に後進できるというわけです。

Valuable information

Last update:2017/5/19

menu contents

『トラック 改造』 最新ツイート

@henken_car

シーケンシャルウインカー いわゆる流れるウインカー。大型トラックの改造や、欧州車で一部見られたが、近年国産車にも純正採されている。 点灯間隔や順番などに、結構細かい規制がある。個人的には見やすいと思う。 https://t.co/8NhhnQCi0R

43分前 - 2019年05月20日


@FF14_Mhel

@_KAGA これ荷台改造してるやつで ほぼトラックのやつだよねwww

1時間前 - 2019年05月19日