中古トラックのリース導入

中古トラックのリース導入のメリット

トラックは事業所で導入される車両ですが、経費としてもっとも大きな費用が掛かります。経費として、導入費用やメンテナンス、税金、保険料、燃料費が掛かります。
中でも、車両導入費がもっとも大きな費用であり、購入もしくはリースという方法があります。大型トラックとなれば、新車の場合1000万円を超える車両も多く、保冷車や架装してある車両の場合、さらに高額化します。
そのため、中古トラックを導入する企業も多く、購入や中古トラックリースという方法にての導入も可能です。新車導入する企業の多くはリース契約をしており、中古車の場合リース料の圧縮が可能で、大きな経費の削減ともなります。
リースの場合、メンテナンスや税負担などすべてが含まれるプランがあり、リース料負担のみで安心して車両を利用できることや、購入と異なり、大きな費用が掛からず、毎月の負担として分散可能というメリットがあります。
リース会社により異なる基準で審査があります。

トラック輸送におけるカーナビの有用性

トラック輸送におけるカーナビの有用性 国内で貨物を輸送する場合において、もっとも利用されているのがトラックを利用したもの、国土のほとんどが陸続きであるうえ、主要な都市の存在する地域においても橋で結ばれていることで、国内であればほとんどの地域への輸送を担っていることになります。
しかし、高速道路を利用している場合はともかく、一般道を利用しての輸送の場合、道路を一本誤ってしまうだけでも目的の地点に辿り着くことが出来なくなる場合や、都市部での大型トラックの走行の場合では進入が不可能な道路や曲がる事のできない道路などの存在が円滑な輸送を妨げることになってしまいます。
そんな場合に威力を発揮するのがカーナビです。
トラックにカーナビを搭載している事によって、目的地までの道路を容易に確認することが可能になり、円滑な輸送はもちろんの事、ドライバーの負担軽減にも大きく寄与しているのです。
知識と経験が影響していたトラックによる輸送は、カーナビの活用により見知らぬ町でも迷う事無く貨物を送り届ける事が可能になっているのです。

pickup

パンフレットの作成を発注
http://www.panffactory.com/

Last update:2016/12/16

menu contents

『トラック ナビ』 最新ツイート

@forest38lllu

旅行ハイライト ・高速の落下物 ・市街地で古くて参考にならないナビ ・ホテルの駐車場で福岡ナンバー ・道に迷った時たまたま出会ったけーさつのおじちゃん ・暗い帰り道の明るいトラック

11時間前 - 2019年03月25日


@tiyokoo

→今回行きは新東名で行った。ナビが勝手にそうした。トンネルが多く明るいので夜は走りやすい。トラックが多かった、道は直線、御殿場あたりから東名と合流しいつのまにか東名になっていた。

13時間前 - 2019年03月25日


@le_coq28

いえね、昨日居たんですよ。 本庄から松江市内へ向かう道。 だんだん道路との接続部の丁字路の。 ど真ん中で! ハザード出して! 停車して! ナビ操作してるFIATが! ああこれが例のサンドラブロックか、なんて言ってる場合か後ろの… https://t.co/bzeJW3mWWM

16時間前 - 2019年03月25日